コンセプト

GCネリネの指導方針

考える力

考える力は、サッカーに限らずこれからの人生においても大事になります。
勉強する時、高校に進学する時、就職する時、仕事をしている時等、
様々な場面で多くの事を『考える』事ができればそれだけ自分の中で
たくさんの選択肢ができその中から良い選択肢を選ぶ事が出来ます。
サッカーも考える力が凄く大事になり、
走る、蹴る、止める、パスをする、ドリブルをするという、
プレーでの良い判断ができるどうかです。
その良い判断をする為には『考える』という事が必要になり、練習や試合を通して指導し、
一瞬のプレーの中で当たり前のように良い判断ができるような選手に
成長してもらえればと思っています。
何にでも『考えて、多くの選択肢を出し、良い判断をし、行動する。』
全カテゴリーで大事にしている事になります。

各年代の指導方針

未就学児童

サッカーボールと触れ合いながら体の使い方を覚え、サッカーの楽しさを感じてもらい、ボールを蹴る、止めるなどサッカーで一番大事な事を行い出来る形を取ります。

小学1~3年生

サッカーの基本技術を少しずつ身につけ、実際に競技としてのサッカーも経験し無理なく技術、体力をつけて頂きたいと考えております。

小学4〜6年生

技術に加えて少し頭を使い、スクール全体のコンセプトでもある「考える」を重点的に取り入れ自由なサッカーをする為の基礎を養い、1対1の強さ、頭を使った駆け引きなど、実戦形式で経験してもらいたいと考えております。